眠すぎて明日が見えない

我が人生、眠さに勝るもの無し

多段SSHする際の.ssh/configの設定

多段SSHの設定いつも忘れるのでブログる。

まず設定の例から書くと

Host fumidai
  HostName hoge
  User macotasu
  Port 10022
Host target-server
  HostName fuga
  User macotasu
  Proxycommand ssh -CW %h:%p fumidai

こんな感じでsshの設定をかいて多段sshにすることができた。

よく理解していなくてハマったのがProxycommandの挙動である。 Proxycommandを使うと、Proxy先のhostからsshするようになる。 なのでtarget-serverへのsshの設定はfumidaiから見た設定を書く必要がある。 この基本的なところを理解していないと、複雑な環境設定がしているところへの 多段SSHで混乱してはまるなーってなった。(実際ハマった)