読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠すぎて明日が見えない

我が人生、眠さに勝るもの無し

Play FrameworkでのRouting

scalaではplayというフレームワークデファクトに的な存在になっているそうです。 そこでplay2.3をさっそくつかってみたので、つかってみてわかったことを少しずつ書いていきます! 今日はRoutingの書き方をメモ。

Routing

/project/conf/routes

^のroutesというファイルにルーティングを書いていきます。

書き方としては以下の様にします。

# Routes
GET     /fuga                          controllers.Hoge.fuga

こうすると、/fugaにアクセスした時に contollersディレクトリのHogeクラスのfugaというメソッドを呼び出すことが出来ます。 めっちゃ簡単やーん(╹◡╹)

受け取り側はcontrollers以下にHoge.scalaファイルを作成して

# Hoge class

package controllers
import play.api._
import play.api.mvc._
object Hoge extends Controller {
    def fuga = Action {
        Ok(views.html.index("fugaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa"));
    }
}

みたいにすればいい感じです。 わかりやすーい